秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松の剪定
2009年06月11日 (木) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。


最近、近所を歩いている時に目に付くのが「松」です。
松は今頃の時期には雄花が伸び、とても目立ってきます。

三皇さんの境内にある松も雄花がグングンと伸びてきました。
剪定前全体

剪定前右

剪定前左

前拡大



氏子さんの方が先日、この松の剪定にきてくださいました。
松の剪定には好みが出るそうです。
枝をどの方向に伸ばすのか、
木を高くするのか、
どの枝の葉を多くするのか、
どの枝を残すのか…

など、その環境や好みにあったように剪定を行なうそうです。


一般的に、松の枝が家の門にかかっていると良いという話をきいたことがあります。
が、三皇さんの松は境内の、しかも参道の両横ですので、
まっすぐに伸びるように剪定してくださいました。


制定後右

剪定後左

後拡大

大変きれいになりました!
氏子さん、いつもありがとうございます!



小巫女でした。


◇三皇祭◇

7月11日(土) 宵祭
祭事のほか、
巫女舞、曳山(お囃子)の奉納など

7月12日(日)
神輿渡御、曳山奉納など


詳細はHPでご覧下さい→三皇祭HP

ほかにもたくさんの賑やかしや出店があります!
たくさんの方のご参拝をお待ちしています。



◆◇◆おしらせ◆◇◆



①三皇さんのHPが新しくなりました!
「新・三皇さんHP」(クリックしてご覧下さい)

②三皇神楽こども教室参加者募集!
 三皇神楽伝承会では教室に参加してくれるこどもたちを募集しています。
 詳細は下記をクリックのうえご確認ください。
 「三皇神楽こども教室」
 お囃子・獅子舞・巫女舞の教室があります。
 たくさんのご参加お待ちしています!



■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷

■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まつ。
こんばんは
ご無沙汰してしまってすみません(_ _)
記事の更新ないですが、
小巫女さんお健やかにお過ごしですか?

松。松の話題ですね。
松は松。と思ってました。
のびてくるのは雄花だったんですね。
松も生き物だし交配のため花が成長するのはそうかな~。て思いました。
初夏は恋の季節(?)ですもんね。

刈ったあとはきれいな形で、
戌は、愛知の実家に帰るとき新幹線の窓から見える東海道の松並木を思い出しました。

行ったことない秋田。
小巫女さんどうしてるかな~?って思ってました。
秋田の初夏~梅雨って、どんなですか?

三皇祭まで一ヶ月切りましたね!
戌も誕生日まで秒読み(;´_`)ご祭礼日の翌日です。
2009/06/17(Wed) 02:05 | URL  | 戌 #-[ 編集]
神様に仕えるひと
記事とぜんぜん関係ないですけど前から思ってたこと。

巫女さんは境内ではいつも白衣緋袴で黒髪結っていてほしいな~‥って。
戌の勝手な願望‥
気にしないでください。
ちなみに戌はオタク巫女さんフェチ‥とかではありません‥念のため。

神様に仕える存在、という在り方、たたずまい、生きざまに心惹かれます。
自分はいくらがんばっても俗物なので。
人生を神様に捧げられる仕事って、素晴らしい。うらやましい。
(教会オルガン奏者になりたかったこともありました。神父さんは、無理。)
もし女に生まれていたら巫女さんなりたかったです。。
来世で。



そのことと、小巫女さんというひとりの人間が素敵なのは、また別のことです。
2009/06/17(Wed) 02:49 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
秋田では松枯れ病が流行し、多くの松が枯れてしまいました。防風林として海沿いにあった松が枯れてしまった様子はとても胸が痛みました。
それから良く松を見るようになった気がします。三皇さんの松は枯れずに成長しているので、いつまでも元気でいて欲しいですね。

巫女さんの装束ですが…実際そのように出来たらいいですね。三皇さんは小さなお宮ですので、小巫女の奉仕内容が多岐に渡り、装束でいることが難しい時が多くあります。
それでもお正月や七五三詣など、たくさんの方が参拝いただく時期はなるべく装束でお迎えするようにしています。
それでも日に何度も着替えることもありますが(^^;)
小巫女は巫女さん兼事務員さんなので実現は厳しいかもしれません。
2009/06/17(Wed) 09:23 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。