秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神社でよく見るものシリーズ②
2009年09月06日 (日) | 編集 |
こんにちは、小禰宜です。


シリーズ②回目、

今日は 『注連縄(しめなわ)』 です。

20090906154157.jpg
これは三皇さん本宮正面の注連縄。

20090906154222.jpg
これは本宮客殿(控え室)の玄関の注連縄。


注連縄にもたくさん種類があります。

例えば、本宮正面の注連縄は、真ん中が太く、両脇が細くなっています。
これは、その見た目から「大根締め」と言います。

また、里宮の社殿正面の注連縄は向かって右側が太く、左にいくにつれてだんだん細くなっています。これは「ごぼう締め」と言います。
20090906170640.jpg



注連縄は、神域とそうでないところとを分ける結界の役割をしています。注連縄の中側は神聖な場所、神様がいらっしゃる場所として、中には禁足地(足を踏み入れてはいけない場所)とされているところもあります。

注連縄の内側に入るときは、身も心も清らかなきもちで。


ちなみに、注連縄は他に、「七五三縄」とも書き表します(*^.^*)

神社へお参りの際は、一番最初に目につく注連縄をチェックしてみてください(*´ω`*)




小禰宜


◆◇◆おしらせ◆◇◆


三皇さんのHPが新しくなりました!
「新・三皇さんHP」(クリックしてご覧下さい)


■七五三詣■
NEW!!七五三特集ページへ
質問も受け付けています!

■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷

■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
“φ('(ェ)'*)゛ メモメモ 未だに詳しく知らないことは多い・・・次回も要チェックですね
2009/09/06(Sun) 19:04 | URL  | ヘロヘロ大佐 #-[ 編集]
ヘロヘロ大佐 さま、

小禰宜も改めてみると知らないことが多すぎて、書きながら勉強しています(*- -)(*_ _)

小禰宜の神社ノートとして読んでください。。
2009/09/07(Mon) 09:05 | URL  | 小禰宜 #-[ 編集]
七五三縄
注連縄を『七五三縄』と書くのは、古くは、順番に3筋、5筋、7筋の藁束を縒って、その端を垂れ下げる形だったことからそう書くのだと、宮崎県の高千穂神社で教えてもらいました。
そこの注連縄をチェックしたら、確かに7筋、5筋、3筋の藁が下がっていました。

ほんの些細なことでも、まだまだ知らないことがいっぱい。
日々勉強ですねv-295
2009/09/09(Wed) 11:50 | URL  | 村松敬太 #Tr5P94Vg[ 編集]
村松 さま、
小禰宜もそう習いました。が、へぇーと思っただけで実際に数えてみたことはなかったです(;´Д`)
今度チェックしてみます!!
2009/09/09(Wed) 12:04 | URL  | 小禰宜 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。