秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神社で~⑥
2009年10月18日 (日) | 編集 |
こんにちは、小禰宜です。


神社で~シリーズ⑥回目。
今回はこちら、
20091018150333.jpg
袴(はかま)です。

神職の袴にはいくつか色があります。
袴の色は神職の経験年数や実績によって年齢・級とともに変わっていきます。

白・・・実習生や級を持たない神職

浅葱(あさぎ)・・・4・3級の神職
水色っぽい色です。小禰宜もこれです。

紫の無紋・・・2級の神職
三皇さんでは禰宜さんの色です。

紫の紋付き(八藤丸文紫緯(よこいと)共)・・・2級上の神職
紫の袴に、うっすらと紋が入っています。
三皇さんでは宮司さんの色です。

紫の紋付き(八藤丸文紫緯 (よこいと) 白)・・・1級の神職
2級上よりももっと紋の色が白くはっきりしています。

白の紋付き(八藤丸文大文白)・・・特級の神職
全国で22000人弱の神職がいる中で約6,70名しかいないそうです。


巫女さんはご存じのとおり、緋色(赤というより朱に近いかもしれません)の袴をはきます。


ぜひ、神社へお参りの際は袴もチェックしてみてください(^-^)ノ


今日はここまで。



小禰宜



◆◇◆おしらせ◆◇◆

三皇さんのHPが新しくなりました!
「新・三皇さんHP」(クリックしてご覧下さい)


■七五三詣■
NEW!!七五三特集ページへ
質問も受け付けています!

■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷

■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小禰宜さん、

秋田はもう冬のはじまりなんですね彡(-_-;)彡

お正月に向けてだんだんお忙しいときなのに、有休‥はないですね。失礼しました。(_ _;)
(でも、もしかしてインフルエンザ‥?とちょっと心配していたので、よかったです。)


袴の色には等級があるんですね!
ふだんご社頭では、巫女さんの緋と、若い神職さんの水色しか気にしてなかったです。。
三皇さんの宮司さんでも、上から3番目?なんですね‥
神道は奥が深いですね。

神職さんの等級?は、どうやって上がるのでしょうか?
試験とかを受ける‥のでしょうか?

いつか大禰宜になられる小禰宜さん、紫色の紋付き 目指してください(^^)
2009/10/19(Mon) 07:27 | URL  | 戌 #-[ 編集]
戌 さま、
心配して頂きありがとうございます(^^
小禰宜はインフルどころか風邪も滅多にひかない丈夫な体で、両親に感謝です(^^

神職の級は、経験年数と実績、受けた研修の日数などを考慮して申請し、決められます。
級があがる何十年も先を夢見る自分と、年を取りたくない自分がいます・・・(^^;
2009/10/19(Mon) 10:08 | URL  | 小禰宜 #-[ 編集]
紋の入った女性神職差んを一度筑波山神社で見たことがあります。白とか水色のとかよりもごわごわして着ずらそうな感じがします。
式典の時には見栄えがしていいですね。
18日に笠間稲荷に寄ったら紺無地の袴を着けている女性が二人ほどいました。こちらは巫女さんですね。ちょうどそのときは境内のすぐ外で假屋崎省吾さんがお花の話をしてました。
2009/10/19(Mon) 18:14 | URL  | blue #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。