秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神社で~⑦
2009年10月22日 (木) | 編集 |
こんにちは、小禰宜です。


神社で~シリーズ⑦回目。

今日はコチラ。
20091022160556.jpg
三皇熊野神社 本宮の社殿です。


その中でも今日注目するのはココ!!!
20091022160732.jpg
神社の正面からは見えませんが、神社の横に回ると見えるこの飾り。

神様がいらっしゃる本殿(ほんでん)の屋根ついているこの尖った飾りは『千木(ちぎ)』といいます。

地面に対して垂直に削られているのは外削ぎ(そとそぎ)、水平に削られているのは内削ぎ(うちそぎ)といい、神社に祀られている神様が男性か女性かによって違います。

三皇さんの主神は天照大御神様で女性の神様ですので、千木は内削ぎになっていますね(^^


続いて、屋根ついでにコチラ
20091022160845.jpg
ちょっと見にくいですが、黄色い○で囲ってるコレ、

『鰹木(かつおぎ)』といいます。
鰹節に形が似ているからその名前がついたといわれています。

鰹木が奇数なら男神、偶数なら女神が主神としてお祀りされています。
三皇さんは6本、もちろん偶数。


ぜひ神社へお参りの祭はちょっと奥のほうの屋根を見上げてみてください(*´∇`*)

ただし、柵を設けているお宮さんもありますし、柵を設けていなくてもあまり奥に立ち入ってしまうと怪しまれる恐れもありますので、神職がいる場合は一声掛けてくださいね(^^
(最近物騒ですから。。。)



ちょっと豆知識でした。



小禰宜



◆◇◆おしらせ◆◇◆

三皇さんのHPが新しくなりました!
「新・三皇さんHP」(クリックしてご覧下さい)


■七五三詣■
NEW!!七五三特集ページへ
質問も受け付けています!

■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷

■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
千木
千木に注目してみるとおもしろいですね。
伊勢神宮の外宮の神様豊受大神は男の神様になるんですね。
近くの鹿嶋神宮、八幡様、笠間稲荷なんか調べてみたいと思います。
2009/10/22(Thu) 18:28 | URL  | blue #-[ 編集]
千木 鰹木
千木の向きが、本でいくら読んでもわからなかったのが、わかるようになりました。ありがとうございます(^^)
鰹木の数のこともはじめてわかりました。

ところで、神社の屋根に千木・鰹木がついているのは?なぜなんでしょうか?
千木は、むかしの建築の屋根組みの名残り‥?とも思えますが、
鰹木は、見るといつも なんで乗ってるんだろう? と不思議に思います(o・ω・o)?
2009/10/23(Fri) 05:55 | URL  | 戌 #-[ 編集]
blue  さま、
男神・女神に関わらず、内宮は内削ぎ・鰹木偶数、外宮は外削ぎ・鰹木奇数のようです(^^
(外宮の豊受大御神様は女神といわれています)
一人の人間でも男性的な面と女性的な面があるように、神様の性別ではなく性格で判断されているのかもしれません(^-^)

(一社の故実により、千木・鰹木の形状や数が異なる場合もあります。)


戌 さま、
千木も鰹木も昔は屋根や棟を支える大切な補強材としての役割があったそうですが、現在では飾りとして用いられていると。。習った記憶があります(^^)
2009/10/23(Fri) 11:42 | URL  | 小禰宜 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。