秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厄祓の時期
2012年01月31日 (火) | 編集 |
いよいよ明日から、2月です。
2月1日や節分に厄祓をする風習が各地で見られます。
秋田でも、2月1日から立春のころが多いです。
この日は「年重ねの祝」や「年直しの祝」と呼ばれ、
厄年の人がいる家ではもう一度門松を立てたり、
お雑煮を食べたりして、この日を2度目のお正月として祝います。
こうすることで、もう一つ年を重ねたことにして、厄をすぎたこととするしきたりです。
「正月が二度きたのだから厄年も終わり」にしたいとの気持ちからのようです。
 
厄祓の時期は、地域の風習などによって違いますので、
わからないことは、ご遠慮なく地元の神社にお問合せ下さい。
丁寧に教えていただけると思います。

電話でよく聞かれるのが、お祓いの時の服装です。

服装は、神様にお願いに行くわけですから、
普段着ではなく、大切な方と会うような気持ちで、
失礼とならないよう、配慮していただければよろしいかと思います。

秋田市内暴風雪波浪警報中です。
本当に厳しい寒波です。
境内は、風が強く雪が飛ばされ積雪はそれほどでもありませが、
市内路面が凍結しております。
お参りの際は、お気をつけてお越し下さい。
(クマ三)

本宮境内 吹雪いてます。


ぽちっとな(^-^;
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。