秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月1日に厄祓をするワケ
2007年01月30日 (火) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。
今日は題名の通り、厄祓=2月1日の理由について。

その前に、厄祓について。
厄年の年齢は人の一生の中でも、体力的・家庭環境的・あるいは対社会的にそれぞれ転機を迎えるときでもあり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
その年に当たっては、神様のご加護により災厄から身を護るため、神社に参詣をして、災厄を祓う厄祓の儀(厄除け)がおこなわれます。

厄年の年齢は、
 男 42歳 25歳 
 女 33歳 19歳
また、この年の前後を前厄、後厄と称します。
(数え年でのお祓いです)

この年に厄祓をします。全国的には新年を迎える正月に厄祓を行うところが多いようですが、秋田の場合は2月1日から立春の頃に行う慣わしがあります。
この日は「年重ねの祝」や「年直しの祝」と呼ばれ,厄年の人がいる家では、もう一度門松を立てたり、お雑煮を食べたりして、この日を2度目のお正月として祝います。こうすることで、もう一つ年を重ねたことにして、厄をすぎたこととするしきたりです。 「正月が二度きたのだから厄年も終わり」にしたいとの気持ちからのようです。

厄祓も人生儀礼の1つとして、七五三詣や成人式・年祝いなどとともに大切に考えられています。神社でのご祈祷することにより、自分の生き方、志しを神様にお誓いし、その実現の為に努力することによって神様のご加護をいただき、大難が小難に、小難が無難なり、運気が開かれていくように、お祈り申し上げます。

小巫女でした。

2月3日
どんど祭&節分豆まき祭のご案内

2月18日
亥年厄除祭のご案内

ランドセル清祓
3月か4月に、今年小学校に入学するお子様のランドセル清祓を行います。参加希望の方は神社社務所までご連絡下さい。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ

平成19年厄年年祝い、八方除 星厄消除一覧表

厄年にあたられる方は、災いが福に転じ、一年が無事過ごせるよう年の始めに神社にお参りをしましょう

毎日暖かくて春のようだ(´∀`)
…ボードは行けるのかのぉ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
去年は、厄除け祈祷をしてもらったけど今年はやってもらってないよぉ。
やばいかな。v-255
2007/01/30(Tue) 22:50 | URL  | うめさん #klq26XPE[ 編集]
うーん。
お時間があるようでしたら、ご祈祷を受けられた方が良いと思います。
2007/01/31(Wed) 09:14 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。