秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
装束
2007年03月01日 (木) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

装束(しょうぞく)とは、神主さんや巫女さんが身につける衣装です。
そして小巫女のような巫女さんが身に付ける装束は千早(ちはや)と言います。
千早は白い生地に緑色で紋や鳥などの模様が散らばっています。
袖はとても長く、手先の10センチ位を折り返して着ています。

今度、子供用の千早を用意することになりました。大人用と全く同じものなんですが、サイズが小さくて相当かわいいことと思われます。
夏祭りで舞の奉納をしてくれる子供たちに着せるように用意するんですが、今からかわいい姿を想像して楽しくなります。

あ、その前に舞の練習でしたね。
がんばりましょう!

小巫女でした。

ランドセル清祓
4月1日(日)
今年小学校に入学するお子様のランドセル清祓を行います。参加希望の方は神社社務所までご連絡下さい。

ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ

アレがアレで全身筋肉痛でございます(´;ω;`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめてのコメント
はじめて、コメントします。
装束の話を読んで、「千早」漢字だけでは、何て読んでいいか迷いました^^;
今度、子供用つくるそうですが、子供用は
何でも可愛いですよね。
私の娘も、友人から外国の衣装「アオザイ」や
「チャイナドレス」を土産にもらい、写真にして
アルバムにしてあります。2歳くらいのときなんで
よく、このサイズのがあるものだと感心しました。
日本の着物も可愛いでしょうね。
思い出してしまい、書き込みました。
また、きます^^
2007/03/02(Fri) 15:01 | URL  | ひでち #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
ひでち サマ
ご訪問、コメントありがとうございます(゜∀゜)
神社の言葉は難しいものがたくさんあって、小巫女も最初はかなり迷いました。今でも少し…悩む時がありますが(゜ω゜;)
今回三皇さんでは初めて子供用の衣装を用意するのでとても楽しみです(^ω^)七五三詣に来る子供たちの衣装は良く見慣れていますが、千早姿は初めてですからねー。今は着物も洋服も、ひでちさんのお話ではアオザイやチャイナドレスまで子供用のものがあるのですね!?いっちょまえといいますが、何とも愛らしいですね(´ω`)
またお時間がありましたら、ぜひ遊びにいらしてください(゜∀゜)
2007/03/02(Fri) 16:25 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
はい、遊びにきました^^
コメントして、早く返事が書いてあったので
嬉しかったです^^
小巫女さんや、働いてるかた、体にきをつけて
頑張ってください。また、きまーす。
2007/03/02(Fri) 18:46 | URL  | ひでち #-[ 編集]
おはようございます
毎回読んでますが、久々のカキコミです。

装束はなんとなくそうかと思うけど、千早ってなんでそういう呼び名なんでしょうね?
v-116
系列っていうのか(神社、大社、神宮など)によっても呼び方は違うんですか?
2007/03/03(Sat) 08:54 | URL  | うめさん #klq26XPE[ 編集]
ありがとうございます。
ひでち サマ
はい、職員一同健康に気をつけてがんばります!

うめさん サマ
調べましたが、由来まではわかりませんでした(´・ω・`)装束の名前はそれぞれあって、神社によって呼び方は同じだと思いますが、どこまで正装に近い装束で奉仕するかは神社によって様々だと思います。また、祭典の内容により、身に付ける装束も変わると思います。
2007/03/03(Sat) 11:28 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
追記
千早の意
「ちはや」は「いちはや」の省、すなわち急速の意で動作をする時に衣袖を扶収し捷疾に便ならしむる為。
2007/03/03(Sat) 14:22 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
難しい言葉の羅列のように見えますが
わざわざ調べてくださってありがとうございます。

けっきょく、すばやく動作できるということかな?
2007/03/03(Sat) 19:48 | URL  | うめさん #klq26XPE[ 編集]
う~ん。
小巫女もうまく解読できませんが、そうゆうことだと思います。
2007/03/04(Sun) 09:09 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
こんにちは~
わたしのところの千早は、真っ白です。
毎日のように使うのに、
由来までよく考えたことが無かったですよ。
神にかかる枕詞の ちはやぶる あたりから
とられたのかと勝手に推測して調べずでした☆
ひとつおりこうになりました!
2007/03/23(Fri) 16:57 | URL  | たまむし☆ #-[ 編集]
こんにちは(゜ω゜)
こんにちは、ご訪問ありがとうございます(^ω^)
千早も神社によって違うんですね!?初めて知りました(゜Д゜)
ちはやぶる とは枕詞、それも調べてるうちに見つけました(^∀^)もしかしたら調べる本によって由来が違ったりして…。
ともかく小巫女の日誌でおりこうさんになれて良かった(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)
2007/03/24(Sat) 09:21 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。