秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節分
2008年02月01日 (金) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

2月に入り、寒さも厳しくなってきましたね。
みなさま風邪などひいてはいらっしゃいませんか?

小巫女は元気です。

さて、今週の日曜日は2月3日、節分です。
もともとは立春・立夏・立秋・立冬の四季の分かれ目を意味した言葉だったそうですが、特に立春の前日だけを呼ぶようになったそうです。

ちなみに、昔は「せちぶん」と言ったそうですよ。
かわいいじゃないですか、せちぶん。

えっと、節分といえば豆まきですね。
煎った大豆を捲いて鬼を追い出し、厄祓いする風習です。
お家では、一家の主人が年男になり「福はうち、鬼はそと」と唱えながら豆を撒きます。
その後は自分の年の数だけ豆を拾って食べましょう。

三皇さんでは、煎った大豆のかわりにピーナツを捲きます。
これは恒例になりました、豆まき祭で行われます。
日用品が当たるくじ付きのピーナツが捲かれますので、皆様どうぞお集まりになりピーナツを拾い、景品をゲットしてください!

■どんど祭&節分祭へお越しください!
三皇さんでは2月3日にどんど祭、ならびに豆まき祭を行います。
景品が当たる福豆も配られますので、みなさんどうぞお越しください!
平成20年どんど祭&豆まき祭のご案内(クリックで詳細が開きます)

小巫女でした。




◇◆◇お知らせ◇◆◇


■子年生まれ集まれ~!
三皇さんでは、毎年その年の干支の生まれの「年男・年女」の方々を集め、清祓祭事を行っています。当日は獅子舞神楽の奉納などもありますので、皆様お誘い合わせの上ご参列ください!!
子年厄除祭(クリックで詳細が開きます)


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」

式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。

■巫女さんになって舞を奉納してみませんか? 
平成20年度に小学6年生になる女の子を対象に、舞の奉納をしてくれる方を募集しています。約半年の練習後、夏のお祭りや秋の観月祭にて舞を奉納していただきます。対象の方ならどなたでも奉納できますので、お気軽にご参加ください!
ご質問は社務所までご連絡ください。
三皇熊野神社 832-6303


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ


せちぶん…(゜ω゜)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。