秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏越大祓
2008年07月01日 (火) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

今、三皇さんは「三皇祭」でわやなってます。
そんな中、夏越大祓の準備も平行して行なっています。

夏越(なごし)大祓(おおはらい)
 6月に行なわれる除災行事。茅の輪をくぐり、罪穢れを祓う。
 三皇さんでは旧暦に合わせ行事を行なうので7月31日が夏越大祓の日。

大祓は6月と12月に行なわれます。
上記の通り、ご利益は知らずうちに犯した罪穢れを祓い清める行事です。
ちなみに、12月の大祓は師走(しわす)大祓(おおはらい)と呼びます。

三皇さんでは崇敬者(※)の方々にご案内と人形(ひとがた)をお送りしています。
人形

あ、卓上カレンダーがまだ6月…。

今日はご案内を作成し、発送準備を整えました。
今月中旬にご案内をお送りしますので、皆様のお手元に届くのは7月第3週あたりでしょうか。
たくさんのご参加をお待ちしております。

また、ご希望の方にもご用意いたしますので社務所までご連絡下さい。
三皇熊野神社 社務所
秋田市牛島東2-2-36  018-832-6303
Eメール rcpyb785@yahoo.co.jp

小巫女でした。

※崇敬者(すうけいしゃ)
  三皇さんにお参りに来てくださった方。

◆◇◆おしらせ◆◇◆

■三皇祭のお知らせ!■
三皇祭のHPが出来ました!
祭典の詳細や神輿渡御のコースなどを掲載しています。
どうぞご覧下さい(^ω^)
三皇祭(クリックで開きます)



■神輿・曳山奉仕者募集!■
神輿(みこし)奉仕者、曳山奉納者を募集いたします。興味のある方はぜひ、ご参加下さい!
詳しくは募集のページをご覧下さい。(クリックでHPが開きます)
今年の三皇祭は7月12日、13日に斎行です!

■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小巫女さんも小禰宜さんも夏越大祓では、
参列されるのですか?
2008/07/02(Wed) 00:57 | URL  | あや #mQop/nM.[ 編集]
そうですね。

祭事の記録をしながら(写真係)、一般参列者の方々と一緒に茅の輪をくぐり、お清めをします。
2008/07/02(Wed) 15:43 | URL  | 小禰宜 #-[ 編集]
はじめまして
熊野神社の名を聞いたのは、大本の出口王仁三朗の「霊界物語」で王仁三朗が霊術・霊学の修行をしたところというくらいなもの。(インターネットで一節を読んだ程度)祭神はなんという神様ですか?
2008/07/03(Thu) 21:07 | URL  | blue #-[ 編集]
訂正
すみません。出口王仁三朗じゃなくて出口王仁三郎でした。郎が違ってました。大払間に合ったら人型等送って下さいね。メールで住所・名前送りました。遠いんで郵送になっちゃいます。
2008/07/03(Thu) 21:45 | URL  | blue #-[ 編集]
訂正2
すみません。ウィキメディアでみたら出口王仁三郎が修行したのは、熊野神社じゃなくて高能山でした。なんで勘違いしたんだろう。修行により本田流霊術を学び稲荷講社の人となったんですね。
2008/07/03(Thu) 22:43 | URL  | blue #-[ 編集]
何度もすみません
ウィキメディアではなくウィキペディア(Wikipedia)でした。ウィキメディアはウィキペディアをやっている財団名です。
2008/07/03(Thu) 22:46 | URL  | blue #-[ 編集]
訂正
本田流霊術は本田霊学とか本田流神道という呼び名ですね。出口王仁三郎は1週間の高能山での修行のあと本田親徳の高弟の稲荷講社の長沢雄楯から教えを受けて審神役となって神の道を進んでいくんですね。熊野神社と高能山が名前似てたんで勘違いしてたんですね。どこかで熊野神社って聞いたことあったんでしょうね。
関係ない話をすみませんでした。
2008/07/04(Fri) 00:28 | URL  | blue #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございます。
三皇熊野神社のご祭神は、本宮、里宮共に天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、伊邪那岐大神(いざなぎのおかみ)、伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)を主神とし、配神として稲荷大神、八幡大神をお祀りしています。
大祓のご案内は7月中旬にお送りいたしますので、しばらくお待ち下さい。
2008/07/04(Fri) 11:03 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
御回答ありがとうございました。今インターネットでみてみたら、熊野神社によって祭神はまちまちみたいですね。伊邪那岐、伊邪那美は地元の筑波山神社もあり、いろいろな神産みをしている話で馴染みがありますね。天照皇大神は毎年送られてくる神宮大麻と村松の大神宮で馴染みがある程度ですね。自分は伊勢神宮よりも丹波(?)の元伊勢のほうに興味があります。一度は元伊勢に行ってみたいと思ってます。須佐之男命といえば大本と世界救世教によれば出口王仁三郎がスサノオで弥勒大神(日の御役:伊都能売大神、水の御役:須佐之男命、土の御役:稚姫君《釈尊》)だそうです。
大払の案内申し込みの受理ありがとうございました。
2008/07/04(Fri) 18:42 | URL  | blue #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。