秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は夏越大祓
2008年07月31日 (木) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

今日はこの後、午後6時より三皇熊野神社里宮にて夏越大祓を斎行します。

大祓とは、知らずうちに犯した罪穢れを祓い清める行事です。
(夏越とは「夏」という意味です)
大祓は一般的に夏と冬の2回行事を行います。
夏越大祓では茅の輪をくぐることが多いですね。
(↓茅の輪)
茅の輪
三皇さんでは毎年、宮司さんが茅(かや)を刈ってきて、
三皇さんの茅の輪をひとつ、
兼務社(勝平神社)の茅の輪をひとつ、
人形を乗せて流す船をひとつ、
祓戸大神様を1柱を作ってくれます。

宮司さんいつもありがとうございます。

本日午後6時より神事斎行です。
お時間のあるかたはぜひご参加ください。

小巫女でした。

◆◇◆おしらせ◆◇◆

■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
三皇さんの大祓神事は、いつも部屋の中
に茅の輪を組んで行うのですね。
いつも神社の境内に茅の輪を見る機会が
多いので不思議に感じたりしています。
何か由来があるのでしょうか?
2008/07/31(Thu) 21:58 | URL  | あや #mQop/nM.[ 編集]
チノワ
拝殿の中にチノワを作るんですね。
普通は拝殿の外ですよね。
2008/07/31(Thu) 23:41 | URL  | blue #-[ 編集]
ちょっと珍しい
室内に茅の輪を据えている神社は初めて見ました。ちょっと不思議な感じがします。
茅の輪を何処に作るかと言うことも地域によって違いがあるんでしょうかね?

写真から見て、三皇さんの茅の輪は直径2mぐらいでしょうか?
私も6月末に地元の神社の夏越大祓へ行き、直径5mの茅の輪をくぐってきましたよ。
2008/08/01(Fri) 08:28 | URL  | 村松敬太 #Tr5P94Vg[ 編集]
皆様へ

三皇さんの茅の輪が屋内にある理由…それは雨天でも神事を斎行出来るように、という理由です。
そして、皆さんに言われるまで何とも思っていませんでしたが、確かに他の神社さんはどこも境内に茅の輪がありますね!
三皇さんしか知らない小巫女にとって、何だか外にある茅の輪が不思議です(^ω^)
2008/08/01(Fri) 12:05 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。