秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞の研修の話し
2008年08月29日 (金) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

昨日(8/28)は、秋田県神社庁にて「豊栄舞」の研修がありました。
小巫女は小禰宜ちゃんと一緒に参加してきました。

この豊栄舞(とよさかまい)とは、昭和25年に作られました。
榊、もしくは季節の花を持ち、女性が舞う舞であることから乙女の舞とも言われています。

先日の研修の講師は三嶋神社の鈴木丹穂子先生で、県内から女性講習生12人が参加しました。
その方々は神主さん、神主さんの奥様などがほとんどで、巫女として参加したのは小巫女だけでした。(初心者も小巫女だけでした)
丸一日の研修が行なわれ、小巫女は周りの方々に助けていただきながら何とか研修を終えることが出来ました。

ご指導くださいました鈴木先生、ありがとうございました。
またサポートしてくださった先輩方、ありがとうございました。

えー、何事もそうですが1日で出来るようになるものではありませんね。
ご指導いただいた豊栄舞を、稽古を重ね、神前にご奉仕できるように努力したいと思います。

ちなみに。
たくさんの方々と触れ合えてとても楽しかったです(^^)

小巫女でした。

■観月祭■
10月11日(土)十三夜の夜に、三皇さんでは観月祭(お月見)を斎行いたします。
どなた様でもご自由に参拝いただけますので、お誘いあわせのうえ、お気軽にご参拝ください♪
(昨年の観月祭の様子は→コチラ


■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
豊栄舞
豊栄舞覚えるのが大変そうですね。雅に舞える日がくるといいですね。
2008/08/29(Fri) 21:36 | URL  | blue #-[ 編集]
小巫女さん
おはようございます(^^)
戌です。

>命は何よりも尊く素晴らしい‥
>祖先から自分へ‥未来へ受け継ぐ‥
>全ての命がとてもかけがえのないもの‥。

はい、そう感じられます(^^)
戌もいろんなことを学んできたつもりでしたが、はっきりとそう自覚したことはありませんでした。
自分と人のかけがえのない命を大切にして生きて行きたいです。
お教え、ありがとうございます。

舞のことなんですが‥。
戌は、巫女さんの舞をちゃんと見たことがなく‥おぼろげに想像しているだけなのですが‥。
Webで近現代の舞について調べてみたところ、
装束や奏楽について細かいきまりがあり、御製の歌をもとに、歌も付いているのですね。

疑問に思ったのは、やはり動き、振り付けです。
戌は、身体芸術のようなものは、中国の伝統武術くらいしか経験がないのですが‥(^^;)、
「型」を覚えるのにとても苦労しました。
せっかく師匠に教わっても、家に帰って自分で練習しようとすると忘れてしまっていて断片的にしか思い出せず‥
それ以上の、内実のコツのようなものを身に付けるまでなかなか至らなかったのを覚えています。

巫女さんの舞について具体的にはわからないのですが、
一日で動きというか振り付けを全体的に記憶できて、あとは自宅で稽古できるようなものなのでしょうか?

この前、小禰宜さんの富山の記事で、
講習を受けて、細かいところがはっきりした、みたいなことが書いてありました。

そして、筋肉痛になるのですね。。

やっぱり、巫女さんはスゴイです。尊敬します。
きのうのお返事を読んで、小巫女さんは心の清らかで美しい方だなぁ、と感じました。

男性には出来ない、神様に仕える女性としてのお働きを、これからも頑張ってなさっていってください。(^^)

追伸‥
三皇さんの観月祭に、伺えたらいいなぁ‥って、ちょっと思っています。
実現可能かわかりませんが。
それでは。U^ェ^U
2008/08/30(Sat) 07:57 | URL  | 戌 #-[ 編集]
blue サマ
頑張って稽古をしていきたいとおもいます。

戌 サマ
正直まだまだわからない事だらけですので、日々感じた事を考えてすごしてみます(^^)

巫女舞は非常にゆったりとした振りが多いです。動作がゆっくりなわりに止まる所がないので筋肉痛を発症します(^^;)舞の稽古は出来ればいつも先生に見ていただくのが一番ですね、自分の癖がついてしまいますから。ある程度出来るようになれば、1年に1度くらい先生に見ていただければ舞を修正することが可能だと思います。やはり全く初めての舞を1日で習得するのは困難ですね。私の場合は小禰宜ちゃんが一緒にお稽古をしてくれるので2人で頑張ることが出来ます♪
観月祭、可能であればぜひいらしてください(^^)職員一同お待ちしています!
2008/08/30(Sat) 15:11 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。