秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虫の話。
2008年09月05日 (金) | 編集 |
こんにちは、小禰宜です。

昨日、今日と本宮で仕事をしていました。

昨日は机に向って事務処理少々と、御幣(ごへい)つくり。
今日は午前中すこし境内の草むしりをしました(^^


小禰宜は草むしりが好きで、境内をふらつきながらずぼっと草を抜いたりしてます。
もちろん、宮司さんの草刈の早さにはとうていかないません。

虫もわりと平気なほうなので、戯れながら(今でこそつついたり触ったりはしませんが。)境内の目立つところの草を引っこ抜いていました。


虫といってもですね、蝶々はダメです。
蜘蛛のあまり巨大なものはダメです。

でも、本宮には巨大蜘蛛が生息していて、それはそれはハンモックのような強力な巣を張ってるんですね(-"-;A
いくら巣を取っても次の日にはハンモック。

そのハンモックに蝶々が引っかかってるのはもう。アレです。見てみぬふり。。。なんて。
禰宜さんにお任せします。

社務の話がどっかにいってしまいましたが、今日はそんな虫と戯れた一日でした。



小禰宜

◆◇◆おしらせ◆◇◆

■観月祭■
10月11日(土)十三夜の夜に、三皇さんでは観月祭(お月見)を斎行いたします。
どなた様でもご自由に参拝いただけますので、お誘いあわせのうえ、お気軽にご参拝ください♪
(昨年の観月祭の様子は→コチラ


■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
もう夜には秋の虫が鳴いてますね(´∀`)ノ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
清掃
境内の清掃は大変ですね。
草むしりなんて気が遠のきそうです。小学生の頃は好きだったんですが、今はもう駄目ですね。
2008/09/05(Fri) 22:20 | URL  | blue #-[ 編集]
女性神職さん
小禰宜さん
おはようございます(^^)
初コメですね。

戌は、小巫女さんに教えられるまで、小禰宜さんはてっきり小巫女さんより年下の男性だと思い込んでいました。(失礼しました。)
神主さん、禰宜さん=男性。だと長らく思っていて、女性神職さんというものを知ったのはほんとにごく最近です。

キリスト教でも、聖職者=祭儀を司る者 は、創始以来長らく男性に限定されてきました。
さいきんは女性の牧師も時々いますし、英国系の保守的な教派でも女性が司祭になっていいことになり、総本山カンタベリで女性司祭を見たときは驚きました。
しかし古くからある大きな保守的な教派ではやはり男性に限定されており、女性が司祭になることを許されそうな気配はありません。

質問です。
神道において、女性が神職さんになれるようになったのは、いつからなのでしょうか?

追伸
戌も蜘蛛は大苦手です。さいきんの東京にはほとんど見かけませんが、子供の頃の田舎では大きいのや凶悪なのがいて、ほんと辛かったです。
蝶や蛾は平気?ですが、ミミズ、芋虫、毛虫系は勘弁です(><;)
2008/09/06(Sat) 07:09 | URL  | 戌 #-[ 編集]
blue さん、
暑い時の外作業はほんとに大変です。
ですが、宮司さんは暑い日も寒い日も変わりなく外ではりきっていらっしゃいます(^^
小禰宜は草むしりも、落ち葉掃きもすきです。


戌 さん、
小禰宜を男性と思ってる方はたくさんいらっしゃるようです(´ー`;
女性神職が神明にご奉仕するようになったのは戦後からだと言われています。

小禰宜は実家も神社で、祖父や父を見て神職を志しました。また、実家に手伝いに来てくださる女性神職さんの存在がさらに励みになりました(^ω^)
まだまだ女性神職は珍しいかもしれません。
社務の内容としては男性と変わりませんが、特に女性ということでふとした時の言葉遣いや姿勢、仕草に気をつけています(^-^)
2008/09/06(Sat) 15:22 | URL  | 小禰宜 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。