秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二十四節気のお話し
2008年09月07日 (日) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

今日は久々に二十四節気のお話しをします。

二十四節気(にじゅうし せっき)
 暦上で気候の推移を正しく知らせるために考えられたもの。
 1年を24等分し、各月に節気を配置したことにより暦と季節が一致するようになった。

今日は「白露」です。

白露(はくろ)
 白露は「しらつゆ」(草木に置いて、白く光って見える露)の意味です。
 朝夕の涼しさが増し、草の葉先に露が宿るようになり秋の趣を感じさせます。

そういえば小巫女の家の駐車場に秋明菊(しゅうめいぎく)がたくさん咲いていました。
秋ですね。

この秋明菊、実は一切手入れをしていないんです。
約30年前に引っ越してきた時にはすでにそこにあったそうで、今でもたくさんの花をつけます。
昔は花の名前をしらず、秋になるともしゃもしゃとものすごくたくさんの花を咲かせるもんだから「お化け花」と呼んでいました。
今も何も手入れをしなくても秋にはたくさんのお花をつけます。
自然の力ってすごいですね。

真っ白でとってもかわいらしいお花です。
秋明菊、今は名前を覚えました(^^)

季節の花や食べ物を楽しむのはすごく好きです。
秋らしいことたくさん見つけて楽しみたいですね!

小巫女でした。


◆◇◆おしらせ◆◇◆

■観月祭■
10月11日(土)十三夜の夜に、三皇さんでは観月祭(お月見)を斎行いたします。
どなた様でもご自由に参拝いただけますので、お誘いあわせのうえ、お気軽にご参拝ください♪
(昨年の観月祭の様子は→コチラ


■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この時期(今月9月)は、秋のお彼岸を
迎えますね。お墓参りで菊の花を供え
ますね。
2008/09/07(Sun) 18:33 | URL  | あや #mQop/nM.[ 編集]
秋明菊
白い小さな菊の花は秋明菊というんですね。
はじめて知りました。
もう秋なんですね。
2008/09/07(Sun) 22:07 | URL  | blue #-[ 編集]
おばけ‥秋明‥HP‥
おはようございます(^^)
旧社務日記で「おばけ花」と呼んでいたのは、実は「秋明菊」なんてステキな名前の花だったのですね。
おばけと秋明ではずいぶんイメージが違いますね(>∀<)
(生意気ながら)その名前の呼び方にともなうイメージの変化が、小巫女さんご自身の心のあり方の変化を表わしているように?‥戌には思えてしまいます。。

そういえば、久々にPCを動かしてみたらたまたま機械の機嫌が良くて?三皇さんHPを初めて見ることができました。
細々した案内が親切で、奉仕者さん紹介まで付いて、とっても親しみやすい感じです。

記念日、わかってしまいました。。
お写真、拝見しました(><)
戌が想像していたお姿(もうすこしクールなイメージ)とはすこしちがいましたが
なんだか納得です。いろんな意味で、いままでのお話が腑に落ちました。
人懐っこい笑顔で、親しみやすい雰囲気で、子供たちと触れ合っている様子も目に浮かびました。

これからも親しみやすい三皇さんの顔?としてよいお働きをなさってください(^^)
いつもありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします (_ _)

戌。
2008/09/08(Mon) 07:03 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
あや サマ
いつもお墓に秋明菊を供えたいと思うのですが、そのお寺の境内にも秋明菊が咲いているので…なんとなく気がひけます(^^;)

blue サマ
小巫女も数年前に覚えました。茎葉は大きいですが、花は小さくてかわいいですね♪

戌 サマ
HPご覧いただき、ありがとうございます(^^)
現在のHPは禰宜さん(男性神主さん)がネット普及始めたばかりの頃に作ったものです。当時神社でHPがあるのは画期的だったとか!
ネットの写真は三皇さんにご奉仕し始めた頃の写真ですね(汗)写真からかれこれ5年たちますが…変わらないですね(^^;)
2008/09/08(Mon) 09:29 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
白露
秋らしく涼しく静かな夜、昼間は空気が爽やかで空が澄んで、気持ちのいい気候ですね。

白露 といえば‥
子供の頃、朝早く外に出ると、畑の里芋の葉っぱに透明な露がたまっていたのを思い出します。
その光景もいまでは見られなくなってしまいました。

秋明菊を知らなかったので実家の母に電話して聞いたら、庭に咲いているから今度写メ撮って送ってくれるそうです。

二十四節気はもともと清明くらいしか知りませんでしたが、大分知識が増えました。
季節感を感じて日々を過ごすこと・・・大事ですね。
2008/09/09(Tue) 05:12 | URL  | 戌 #-[ 編集]
そういえば‥
きょうは「重陽の節句」というんでしたっけ?
日本の暦も様々な要素が重なって奥が深いですね。
2008/09/09(Tue) 05:19 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
戌 サマ
秋の夜は本当に良いですね。
春はあけぼの…じゃないですが、昔の人も秋の夜長を楽しんだんでしょうね。
ちなみに小巫女は神社にご奉仕するまで二十四節気を知りませんでした(汗)今は季節の移り変わりとともに楽しんでいます♪
重陽の節句…初めて聞きました!調べてみます(^^)日本の四季に敏感な辺りが、ものすごく好きです♪
2008/09/09(Tue) 10:20 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
重陽の節句
重陽の節句……菊の節句とも言い、前夜から菊にかぶせておいた綿に染みこんだ露で顔を拭いて、無病息災を祈る『菊の着綿(きせわた)』と言う行事があることは知っています。
私はやったことはありませんが、何だか気持ちよさそうですねv-34
でも、これには秋明菊は使えないんでしょうね。『菊』と言う名はついていても、キンポウゲ科。アネモネの仲間ですから。
2008/09/09(Tue) 11:32 | URL  | 村松敬太 #Tr5P94Vg[ 編集]
小巫女より
村松 サマ
ご説明ありがとうございます(^^)
なるほど…そんな行事があったんですね!
顔を拭くほどの綿なら、秋明菊にはかぶせられませんもんね(´・ω・`)
夏のうだるような暑さを乗り越えた秋は本当に気持ちよく、清清しく感じられます♪
2008/09/09(Tue) 16:27 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。