秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の実り
2008年09月21日 (日) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

神様にお供えするもの(=神饌「しんせん」)が、だんだん秋らしくなってきました(^^)

なので今日はお供え物(神饌)のお話しを…。

神様には必ずお供え物をします。
お祭りの時はもちろん、祈祷の際や、また何も行事がない時にも必ずお供えをします。
供える物はお酒やお水、お塩やお米の他に、季節の野菜や果物、また乾物やお魚をお供えします。
他にも、頂戴したお菓子などもお供えすることがあります。

お供えとは神様のお食事であります。
私達が食べるものと同様、季節の食材をお供えします。
なので、今は秋の果物などがたくさん神様にあがります。

小巫女は果物や野菜の季節などをほとんど知りませんでしたが、神社でご奉仕をするようになって、季節の食材が少しわかるようになりました。
旬のものが美味しい、美味しいものを神様に、ですね。

これからの果物は葡萄や梨ですかね?
お野菜は…芋系!?
う~ん、まだ勉強不足ですね(^^;)

小巫女でした。

◆◇◆おしらせ◆◇◆

■観月祭■
10月11日(土)十三夜の夜に、三皇さんでは観月祭(お月見)を斎行いたします。
どなた様でもご自由に参拝いただけますので、お誘いあわせのうえ、お気軽にご参拝ください♪
(昨年の観月祭の様子は→コチラ


■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと違う話
私が以前いた真光ではお祭りのときに、本部、拠点、家庭でお供えしてました。神様のなかに食物を担当された神々がおられ興味をもっておられるためとなってました。それと物で人の真を奉納する意味合いとなってました。真光と似た世界救世教では、神様に水、米、塩がお供えの主流なのは、夜の時代に神々がほとんど力をつけるため龍神に変化されていてその好みのものであるためとなってました。
2008/09/21(Sun) 18:47 | URL  | blue #-[ 編集]
旬のもの
おはようございます(^^)
神様は、お米や野菜などだけでなく、お魚も召し上がるんですね。
秋はやっぱり秋刀魚が美味しいですよね♪(><)
野菜だと、かぼちゃとかですかね? あと秋茄子?
あと秋はやっぱり栗じゃないですか。あときのこ。梨。
(東京でも、この辺だと、住宅地の真ん中に栗畑や梨畑があったりします♪)
スーパーだと、一年中同じようなものが買えますもんね。
でもやっぱり、季節外れのものより、旬のもののほうが、そのもののほんとの味がする気がします。
ハウス栽培?のものは、値段もちょっと高いし、味も無理してるような感じがします。
うなぎも、夏の魚というイメージですが、ほんとは秋の産卵前のほうが肥えて美味しいそうですよ♪だったら鮭も♪
お蕎麦も、お蕎麦屋さんで「新蕎麦」の貼り紙がでる季節ですよね。
‥なんてエラソー言いつつ、いつも同じようなものを食べてる戌でした(^^;)
2008/09/22(Mon) 08:02 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
blueサマ
神道では、神様にお供えしたお供え物をさげた後は、私たちが頂戴し、感謝の気持ちと神様のお力を授かるという意味で頂きます。

戌 サマ
今はいつでも何でもありますよね♪
その技術も素晴らしいですが、やはり地元の農家の方々が収穫できたお米やお野菜を奉納してくださる時の笑顔がとても印象的です(^^)
2008/09/22(Mon) 09:46 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
捧げ物
こんにちは。
小巫女さん、一本です(><)戌は知ったかぶりでした。参りました。(_ _)

ご自分たちで作った食べ物を神様に捧げる‥ そんな美しい慣習がまだ実際に生きているんですね。
あっちの話ですが、教会のミサで、司祭が特別のお祈りを唱えて、皆で歌を歌う間に献金を集める部分があるのですが、
その昔はやはり、お百姓さんたちが自分たちの作ったパンや野菜(チーズやソーセージも?)を祭壇前に積んでお捧げした名残りなんだそうです。
東京にいて、何でもお金で手に入りますが、
実はどこかのどなたかが働いて作って下さったものをいただいて生かされていることを思い出して感謝、です。(_ _)
2008/09/22(Mon) 16:35 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
小巫女は以前の日記にも書きましたが、お花ひとつ育てられません(^^;)なので農家の方などは、普通に育てるだけでなく、美味しくなるように努力されている姿を、本当に尊敬します(^^)
神道では無事収穫できた事を神様に感謝して奉納します。
神社によっては秋に行なわれる新嘗祭(秋祭り)が一年で最大のお祭りの所があるくらい、収穫できたことへの感謝と喜びを神様へ伝えるということを大事にしています(^^)
2008/09/23(Tue) 09:08 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。