秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観月祭のお知らせ
2008年09月27日 (土) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

いよいよ来月、三皇さんの観月祭を斎行します!
どなた様でもご参列いただけますので、お誘いあわせの上ご参拝頂ければ幸いです(^-^)

◆10月11日(土)
◆午後6時~
◆三皇熊野神社本宮にて
 (秋田市牛島西3-10-11)
◆観月祭~十三夜お月見の夕べ~
十三夜のお月見に合わせ雅楽・神楽演奏会が行なわれます。
三皇祭祭事の際の雅楽演奏、また、宵祭本祭に奉納する曳山囃子、巫女舞を子ども達が披露いたします。
日本古来の伝統音楽、伝統文化を実際に体験する貴重な機会かと存じます。

◆祭典内容
巫女舞…浦安の舞、四方拝(浪速神楽)
雅楽演奏…平調、音取、越天楽
お囃子…三皇さんの曳山囃子、獅子舞神楽

【祭典は約1時間を予定しています。】

◆過去の様子
①
②
③

お気軽にお越し下さい(^-^)/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久ぶりです~
小巫女さんお久ぶりです。
だい~ぶ前にコメントをさせて頂いたものなんですが、バイクで三皇熊野神社に詣でる、と言ってました。

が、なかなか詣でられません。。

わたくし、バイクで御神木巡りをしているものなのですが、少し記事を載せて目次にしてみました。

三皇熊野神社には御神木さまがありますか?

因みに、熊野那智大社の熊野牛王宝印と思われるヤタガラスのお札を、絵師の先生から授かって部屋にあります。熊野さんのことは全然わからないのですが、熊野さんだから関係ありますかね?

2008/09/29(Mon) 03:42 | URL  | たなべ みちのり #6/34PU6.[ 編集]
小巫女より
たなべさん、こんにちは(^^)
ご訪問ありがとうございます♪

三皇さんにも本宮に御神木があります。
http://www.cna.ne.jp/~kinzan/sub22.htm
以前、この木の穴からカルガモ親子が巣立っていったこともありました(^^)

「熊野」のお話しですが、熊野那智大社さんとは直接関係はありません(゜ー゜)

秋田はバイクに乗るには厳しい気候となりました。夜はスノボウエアでも寒いくらいです(><)
暖かくなったらぜひバイクでご参拝ください(゜∀゜)やっぱりバイクっていいですよね(´ー`)♪
2008/09/29(Mon) 11:00 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
田村
早速お答えありがとうございます。

御神木さまのページを拝見してみて驚いたのが、今、征夷大将軍について調べものをしていた所なのです。

なので、「田村」なんですね。

霊水が沸いていたとの事ですが、フランスのルルドの泉、みたいな奇跡の水だったんですねえ。
きっと、ミネラル成分がたくさん含有している土地に三皇さんがあるのですね。

このブナの御神木さまは、レポートにするので、やはり秋田まで行かないとです。じっくり観察させてもらって、ホームページに載せたいです。
ブログは、普通の人に馴染み易いように、ゆるゆるに書いてます。

因みに私は易占修行をした者で生業とはしてませんが、困った人などにアドバイスしてたりするバイク乗りです。

あら?小巫女さんもバイク乗るんですか?
こちらは千葉なのですが、年に一度雪が降ったら驚くような、ゆるい所で一年中バイクには乗れます。
2008/09/29(Mon) 15:34 | URL  | たなべ みちのり #6/34PU6.[ 編集]
追記
ルルドの泉(霊水)ってこんな感じです。

知り合いの人が行って、ブログでちょこっと載せてます。

http://ameblo.jp/smile-gahaha/entry-10121319834.html
2008/09/29(Mon) 15:45 | URL  | たなべ みちのり #6/34PU6.[ 編集]
小巫女より
征夷大将軍坂上田村麻呂は三皇さんの由緒を語るうえで欠かせない人物です。
偶然ですね!

霊水は戦前までわいていたと言われています。
「地上八尺位のところからこんこんと水が流れ…」と記述があるので、ぜひ見たかったところですが…現在は残念ながら枯れてしまっています。
ルルドの泉、拝見しました。
恥ずかしながら初めて知りました(^^;)

小巫女は町乗り専用のバイカーです。
秋田は11月~3月頃はバイクが冬眠する地域なので、1年中バイクを楽しめる地域の方々が羨ましいです♪
2008/09/29(Mon) 16:26 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
ルルド
観月祭、行きたいです‥
でも、¥が‥‥。(ノ_・。)
今月なにかと物要りで。。
ルルドは、数年前に行き‥損ねました‥(^^;
東京の四ツ谷の上智大学のまわりには、修道会関係のショップがいくつかあって、ルルドの水を小さなボトルで売っていますよ。
あるとき、ボトルに穴が開いて漏れてきてしまったので、部屋の鉢植えにかけたら、
次の朝、でっかい芽??が出てて、びっくりしました。(+O+;)
やっぱ、ほんとに効果あるんですかね??
2008/10/02(Thu) 08:03 | URL  | 戌 #-[ 編集]
ちなみに‥(うんちく)
かつてルルドはなにもない処だったのですが、
19世紀にベルナデットというふつうの村娘に、岩窟で美しい女性が何度も現れて、最後にそれがマリア様だとわかって、
そこでマリア様が教えた泉がのちにルルドの泉になりました。
でも当初は誰も信じなくて、教会からも疑われて大変だったみたいです。
ベルナデットはのちに修道女になって、若くして病気で亡くなったのですが、遺体は腐らなくていまでもきれいなままだそうです。
卑近な例では、日本のこの辺の教会でも、庭にその岩窟を模したものにマリア様のご像が置かれて、それを「ルルド」と呼んでいます。
霊水うんぬんより、マリア様への崇敬という意味合いが強いのかも知れません。
うちの教会でも8月15日の聖母被昇天祭には、皆でろうそくをもって歌いながらルルドに行列してマリア様にお供えします。
2008/10/02(Thu) 09:16 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
観月祭は毎年斎行していますので、来年でも大丈夫です(^^)♪
ルルドの泉のお話しは有名(常識?)なんですね(汗)何もしらずにすみません…(´-`)(汗)
2008/10/03(Fri) 13:35 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
ふ~む
勉強になりました。yahooからきました!コメントさせて頂きました。
2008/11/05(Wed) 18:20 | URL  | さやき #-[ 編集]
小巫女より
はじめまして(^^)
またご訪問頂ければ幸いです。
2008/11/06(Thu) 09:18 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。