秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七五三詣について
2008年11月03日 (月) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。

この三連休、三皇さんにはたくさんの七五三詣の子供達がお参りにきてくれました!
みんな元気で明るく、たくましく優しい子になりますよう、三皇さんの神様と一緒に小巫女も応援しています(^ω^)

さて、その七五三詣ですが。
文字通り7歳、5歳、3歳にお祝いをします。
なぜこの歳なのか、今日のブログでお話ししようと思います。

まず、「七五三詣=11月15日」について。
これは、五代将軍の徳川綱吉が、子の徳松の髪置祝いを行なったのが11月15日だから、と言われています。(11月15日は、暦の上で吉日にあたります)

七・五・三の歳の数について。
子供の成長の各通過儀礼を起源としています。
3歳(男女共通)⇒髪置(かみおき) 頭髪を伸ばし始める歳
5歳(男児)⇒袴着(はかまぎ) 初めて袴を着用する歳
7歳(女児)⇒帯解(おびとき) 幼児用の紐を解き、大人と同じ帯を用いる歳

よって、お参りは、
男児⇒3歳、5歳
女児⇒3歳、7歳
となります。

お参りする歳は、数え年で数えます。
生まれた月にかかわらず、生まれた年は1歳、年が明けると誕生日に関わらず、全員2歳になります。
つまり3歳で七五三詣をする子供は、滿2歳になる(なった)子供、というわけです。

現在は昔と違い、髪置や袴着などの習慣はなくなってしまいましたが、今もそれぞれの歳に神社にお参りをする習慣が残っているのは、子供の健やかな成長を願う親の心が昔と変わらずにあるからでしょうね。
こうした習慣をいつまでも残していきたいです。

と、思ってみた小巫女から七五三詣のお話しでした(^ー^)

◆◇◆おしらせ◆◇◆

七五三詣
随時受付しています。

・来社される日時、来社宮(里宮・本宮)を窓口、またはお電話にてお知らせ下さい。
・当日、来社後に受付いたします。
・お祓い(30分程度)が終わりましたら、御札、お守り、千歳飴、おもちゃなどを差し上げます。

----------------------------------------------------
問い合わせ 三皇熊野神社里宮(社務所)
電話 018-832-6303
(社務所、電話とも午前9時~午後5時まで応答 休日無し)
-----------------------------------------------------

【神社での衣装の貸し出しは行なっていませんが、三皇さんがいつもお世話になっている斎藤写真館さんでたくさんの貸衣装を用意されていらっしゃいます。】

【撮影会場はありません。境内、客殿、拝殿での撮影はご自由にどうぞ。】

アクセス、駐車場などの詳細はホームページをご覧下さい。
三皇熊野神社ホームページ


■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷


■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ

昨日はあられが降りました!!
あられられられられれられ
画像を大きくしてみてください!参道に白いあられが見えます(><)
あられられ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
七五三
七五三が賑わってよかったですね。
是非、神様の力と小巫女さんの願いが叶うといいですね。
大本の神示で伊都売神諭が手に入ったので読んでみたら、結構神様の世界も混沌としてるんだなと思いました。まあ、真光の教えでも神霊界の葛藤とか神霊界を平和にしていただかないと、現界でいくら努力しても平和にはならないとはなっていたが。実情までは分からなかった。
2008/11/03(Mon) 21:48 | URL  | blue #-[ 編集]
伊都能売神諭
伊都能売神諭によるとヨとフが出てくるが最後まではうまくいかずナとノの働きでスの御魂が統一するとなっている。国常立はかなり前からヨの神様の時代が一時くることは知っていたということになる。さらに、これから出てくる教えはいずれも大本からの借り物となっている。ヨ神が作ったス神を主祭神とし実際にはヨ神と繋がっている真光もそんなところか。
2008/11/04(Tue) 08:14 | URL  | blue #-[ 編集]
小巫女より
子供達は本当にかわいらしく、またたくましくも見えます。未来を担う子供達、すくすくと成長して欲しいと願うばかりです。
2008/11/04(Tue) 09:31 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。