秋田市に鎮座する三皇熊野神社の社務日誌 時々書きます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問!
2009年02月12日 (木) | 編集 |
こんにちは、小巫女です。


最近、お参りに来る方々のお声を聞かせていただくと…。
「HPを見て」という方が多くいらっしゃいます(^^)
ありがとうございます(__)


その方々からよくいただく質問をここでお答えしようと思います。


●予約は必要ですか
予約制ではありません。
また祈祷開始の時間も決まっていません。

基本的に受付は毎日午前9時~午後5時頃まです。
受付がお済みになった方々をご一緒に拝殿にご案内いたします。


また、神社にお休みの日はありませんが、祭事や行事があったり、神主が不在で祈祷が出来ない事がありますので、来社の予定がたちましたらご確認ください。
来社日時を事前にお知らせいただければ幸いです。


●用意するものはありますか
祈祷をする際に納める初穂料を熨斗袋にご用意いただくのが一般的です。
 熨斗袋には「初穂料」とご本人様の名前(フルネーム)を書きます。
(初宮詣や七五三詣など、子どものお祝いの場合は保護者の名前を書きます)

代理人の方による祈祷の場合は、ご本人様が身につけられるものをお持ちいただければ一緒に祈祷いたします(ハンカチなど)

安産祈願では腹帯も一緒にお祓いいたします。
サラシ、または普段お使いになる腹帯をつけずにそのままお持ち下さい。
複数お持ちいただいても構いません。


●服装に決まりはありますか
お参りの際はスーツ、もしくはそれに順ずる服装が望ましいです。



●駐車場はありますか
里宮、本宮とも境内に駐車場がありますのでご利用下さい。



●家族も同席可能ですか
どなた様でもご一緒に来社いただいて構いません。
祈祷の際はお連れ様も拝殿へご案内しております。



●祈祷にかかる時間はどのくらいですか
一般の祈祷ですと、約30分程度とお考え下さい。
団体の場合は異なります。



●撮影は可能ですか
社殿内での撮影は差し支えありませんが、祈祷中の撮影はご遠慮下さい。



●本宮と里宮、どちらにお参りすれば良いですか
参拝は、お住まいから近いほうにお参り下さい。
祀っている神様は一緒ですので、どちらで祈祷されても大丈夫です。



こんな感じでしょうか(^^)
ご質問、ご不明点などあれば社務所にご連絡いただければお答えいたします。
また神社により異なる事もありますので、他の神社さんへお参りになる場合はその神社さんへご確認ください。

こういった質問など、メールやブログのコメントでもお答えしますので、お気軽にどうぞ(^^)


小巫女でした。


《三皇熊野神社》
本宮・里宮とも

祈祷、ご神札の頒布は、午前9時~午後5時頃までとなります。
時間外にご希望の方はお問い合わせくだされば、ご用意いたします。
また、お休みの日などもございませんので、いつでもご参拝ください。

厄祓・八方除など各種ご祈願も受付しています。
大難が小難に、小難が無難に、運気が開かれていくようお祈りしましょう。




◆◇◆おしらせ◆◇◆

三皇さんのHPが新しくなりました!
「新・三皇さんHP」(クリックしてご覧下さい)


②2月1日に行なわれたどんど祭・節分祭の様子をHPにUPしました(^^)
どうぞご覧下さい どんど祭・節分祭の様子へ


③三皇神楽伝承会参加者募集!
 三皇神楽伝承会では教室に参加してくれるこどもたちを募集しています。
 詳細は下記をクリックのうえご確認ください。
 三皇神楽伝承会募集要項
 お囃子・獅子舞・巫女舞の教室があります。
 たくさんのご参加お待ちしています!



■交通安全祈祷■
交通安全祈願は、常日承っております。
詳細はこちらをクリックし、ご覧下さい→交通安全祈祷

■ご存知ですか?伊勢の神宮の「式年遷宮」■
式年遷宮(しきねんせんぐう)は、社殿を造り替える20年に一度の大祭です。正殿(しょうでん)を始め御垣内(みかきうち)のお建物全てを建て替えし、さらに殿内の御装束(おんしょうぞく)や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷(うつ)します。
コチラで簡単な説明をしています。
伊勢神宮HPはコチラです。


ぽちぽちぽちっと↓
人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
FAQ
HPに、
FAQ(頻繁に尋ねられるご質問)(‥への回答)
という項目を設けてみては、いかがでしょうか?
企業や大学など公式の機関のHPにはたいていありますね。
まさに今回のブログの記事のような内容に答えるための項目ですが。

でも、まあ、やはり、
ネット上に書いてあるのを見るよりも、
生身の人が応対してくれて、
いつもの馴染みの小巫女さんが、懇切丁寧に教えてくださるのが、より安心するのかも知れませんね。
人が人にものを問う時には、必ずしも、正確な情報を求めているだけでなく、人間との触れ合い を望んでいるということがありますからね。

こんな時代、だからこそ、人と人との生の触れ合いを大切にして行きたいですね。。
2009/02/13(Fri) 00:49 | URL  | 戌 #-[ 編集]
小巫女より
そうですね、時間があればHPへの掲載もお願いしてみます(^^)

小巫女もどちらかというと電話や直接尋ねる事が多いかもしれません。なんとなく、その方が安心できるんですよね(^ー^)
2009/02/13(Fri) 15:04 | URL  | 小巫女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。